TeamSpirit Day 2017 に出展致しました


「働き方改革」その先に


弊社は、2017年 5月 9日(火)東京コンベンションホールにて開催されました株式会社チームスピリット社主催「TeamSpirit Day 2017」にゴールドスポンサーとして出展致しましたので、ご報告いたします。

株式会社チームスピリット社 公式ページ

「働き方改革」をテーマとしたイベントで、カルビー株式会社 代表取締役会長兼CEO松本氏による特別ゲスト講演や豪華なパネルセッションなど、注目度が高いイベントであっという間に定員締切となりましたが、PhoneAppliも働き方改革をテーマとした展示をさせて頂きましたので簡単にご紹介させて頂きます。


「コミュニケーション」の課題を解決する

TeamSpirit Day PhoneAppli オンライン確認


働き方改革を促進する上で、普段対面でコミュニケーションをする相手が外出先や在宅勤務の場合、どうしてもコミュニケーション不足になりがちです。

スケジュールや弊社でも利用させて頂いておりますTeamSpiritさんの勤怠打刻の状況をみれば業務をしていることは分かりますが、今連絡をしていいのか、どのような手段でコミュニケーションをすれば良いのか目の前にいないと判断が難しいかと思います。

PhoneAppliで提供しております「社内連絡先」は社員(Salesforceユーザ)の情報を可視化し、今Salesforceの利用状況がオンラインであるかどうかを一覧で表示する機能を持っています。

右のSalesforce1の状態がモバイルで私の所属している部署を見た際、出勤をしていて更に今オンラインであるのが私のみというのが分かります。
外出先からでもこうやってSalesforceの社内連絡先を見れば誰とコンタクトできるかが一目瞭然で非常に便利です。


本日の営業先の情報などを部で共有したことがある際はチャットベースのリアルタイムコミュニケーションを活用していますが、社員の状態が既に退勤となっていれば、リアルタイム共有ではなくChatterやSalesforce上の履歴中心に残して明日共有するようにしています。

今回のイベント主催のチームスピリット社とはSalesforce上のサービス連携として協業発表をしておりますので連携の詳細は以下をご覧ください。

Phone Appliとチームスピリット、コミュニケーションを促進する新サービスを発表


ICカードによるタイムレコーダーの情報も連動

チームスピリット社のエコシステムによる連携となりますが、PhoneAppliが提供する社内連絡先の打刻情報(行き先)機能については、チームスピリット社のサービスを通じてICカードによるタイムレコーダーの情報も反映されます。

Phone Appliに対応したICカードタイムレコーダー「APPS PASS」

チームスピリット社の打刻はSalesforceのChatterでもリアルタイムに表示をさせることも可能ですが、PhoneAppliを活用頂きますと部の出勤状態がアイコンによるビジュアルですぐに分かりますので、勤怠の可視化という側面でもご採用頂きましたお客様も多いです。

チームスピリット社の勤怠管理システムとPhoneAppliを連携させたデモも可能ですので、是非ご検討ください。



前へ

Lightning Experience に対応しています