PhoneAppli リリースノート


PhoneAppliは現行アプリケーションの改善と機能追加を随時行っております。
主なアップデート内容につきましてご案内差し上げます。

【現在ご利用のバージョン確認方法】
管理者アカウントにて、設定ークイック検索から「インストール」またはビルドー開発ーインストール済みパッケージをクリックします。PhoneAppliの欄にございますバージョン番号が現在ご利用中のバージョンになります。

原則、新しいバージョンがリリースされ次第、お客様のテナントを順次、自動アップデートさせて頂きます。


Ver.1.99020

2017/07/07更新

  • Salesforce1上でのPhoneAppliメニューの配置をカスタマイズ可能に対応
    (HOMEメニューの表示と順番、フッター表示のON/OFF)
  • 発着信履歴を保存する仕様の追加

Ver.1.99019

2017/06/28更新

  • リード連携を一括で行う際、エラーの連絡先のみ処理停止と通知を行うようにいたしました。

Ver.1.99018

2017/06/23更新

  • Salesforce1での発信履歴を発着信履歴に変更可能な機能を実装いたしました。
  • Salesforce1のPhoneAppliのHOME画面(タイル)のレイアウトを変更いたしました。
  • 管理画面にて発着信履歴の保存件数を指定できるようになりました。
  • WindowsPC経由でのスキャナソフトアップロード時にOCRの読み込みの不具合を解消いたしました。

Ver.1.99016

2017/06/09更新

  • 取引先連携において個人取引先との連携を実装いたしまいた。
  • 取引先連携において法人取引先のレコードタイプを指定できるようにいたしました。

Ver.1.99014

2017/05/25更新

  • ブラウザからのリード連携時に名刺所有者をリードの所有者となるように改修いたしました。

Ver.1.99011

2017/04/26更新

  • リード・取引先責任者のカスタム項目の連携機能を実装致しました。
  • リード連携の際、別リードソースにメールアドレスが重複するユーザが存在する場合は更新しないオプション機能を実装いたしました。

Ver.1.99010

2017/04/24更新

  • Cisco WebExパーソナル会議室のURLを個人設定にて設置できるようになりました。

前へ

PhoneAppli 徹底レビュー

次へ

Salesforceの利用率が自然と高まる組織図機能